読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Share The World -知の海へ-

大学院生が通説ライフハックに独自の物語を展開するブログ!文体・内容・表現・論理の『一貫性』からの逸脱世界【2016/12/31:詳細プロフィール公開and顔出し予定】しばし文字のみの旅路にお付き合いください。

背脂チャッチャ系ラーメンを食べるなら新潟、燕三条へおいでよ!ここにいけばハズさない!

グルメハック

ちょっ!おまえ!!(笑) 

大学院の挨拶早々ラーメン話ぶっこむのかよ!!

 

(6人に5人の読者様の方はそうおもわれても無理ないですよね、昨日はありがとうございました。)

 

 

アルジェリアの歴史を長い間さまよっていると、こんな衝動に駆られます。

 

 

背脂ラーメンほすぃいいいいいいいい!!!!!

 

 

皆さん背脂ラーメン(巷では背脂チャッチャ系?)をご存知ですか?

f:id:makoto-endo:20160405142119p:plain

出典:http://kazpard.seesaa.net/article/300983471.html

ラーメン文化は地方独特で、

それぞれに発展をとげていますよね。

 

豚骨から、魚介系のダシなどなどを日本中で使わけているこの国は、まさにラーメン大国の称号を得ているといっても過言ではないでしょう!

 

 

今日は、背脂チャッチャ系ラーメンの起源である、燕三条系ラーメン(故郷)を知ってもらうために、厳選のラーメン屋を1つのみ紹介します!

で!

東京でも食べられるおすすめ背脂チャッチャ系のラーメン屋をシメにまた1つご紹介してゆくしだいですっ!

 

 

〇背脂濃醤油煮干出汁の極太ラーメン〇

 

 

そう、これが燕三条系ラーメン、背脂ラーメンを一言でもれなく表した総称なんです!

 

 

 

こんな見た目で、ぎとぎと、ぎょろぎょろっとして後味わるそ~~~↓↓

 

 

そんな第一印象をすべて破壊してくれるんです!!

 

 

脂どころか、煮干のキリッとしたウマ味と、醤油の濃厚な深いあまみが極太の麺と絶妙なハーモニーを醸し出し、あっという間に完食できちゃうんです!

 

 

その後、衝動的な背脂ラーメン欲に見舞われることとなるのは、私が実証済みです(笑)

 

そもそも・・・

なんで、背脂ラーメンが燕三条(つばめさんじょう)で誕生したの?

 

  • ここは世界的にスプーン、フォーク(洋食器)、金物産業が特化してるとこ!

  ↓

  • 超超高温環境の工場はいたるところにあり、そこでの生産や力仕事に勤しむ人々は、塩辛く、油の濃いたべものを要望!

  ↓

  • 工場への出前、不規則な労働時間という条件に、融通をきかすため、背脂と極太麺によって、冷めにくく、伸びにくいラーメンを追究

  ↓

  • そう、金物文化をささえてここに誕生したのが、背脂チャッチャ系ラーメン!

 

 

ラーメン文化のおもしろいところですよね!!!!!

そこでの社会的背景を覗くことで、そこならではのラーメン誕生秘話を知ることができるんです!

 

ラーメン文化がそこ土着の文化を支えてます、逆もしかりですよね。

(え、誰も興味ないですか?)

 

 

そこで燕三条に訪れましたら絶対、絶対ぜーーーったい訪れてほしい店!

これをご紹介いたします!!新幹線で東京からちょうど2時間ですよっ!

 

杭州飯店◆

地元に帰ったら必ず行きます、また、必ず行列に並びます。

 

ブランドとか、宣伝強いとか、みんなが並ぶから並ぶ、からではありません!

 

ここ杭州飯店の素の魅力なんです!!

 

 

こちらで、すでにかなり詳しく紹介されています!!!

深夜にこのラーメンの写真をひらくと後悔しかありません。閲覧注意ってやつです。

 

それくらい破壊的な背脂ラーメン欲に駆られることとなるんです!

ぜひ、覚悟して、ご参照ください!!

 

r.gnavi.co.jp

さて!

自分が食べると、真っ先に帰ってきたな~~~という郷愁的な気分になっちゃうので、

実は、食レポどころではないのです笑

 

得意の他力本願発動・・!

ぐるなびさんにバトンタッチ!

 

r.gnavi.co.jp

 

こちら両サイトをみてもらえれば

情報はすべてあつまります!!

 

食欲ではないんです。”衝動”に駆られてきましたか?

 

そこで今回は、東京のみで(泣)

 

気軽に燕三条ラーメンを堪能できるお店を

厳選の1つご紹介します!

 

それはこちら!!! 

 

◆らーめん潤(じゅん)◆ 蒲田店です!!

tabelog.com

地元にもある東京の支店なんです!!

 

燕三条らーめんにて5本の指おそらく中指くらいに入る実力派のラーメン屋さんなんです!

 

 

杭州飯店、おおむら、潤、・・・(かなりローカル)

 

 

といった具合に、ネイティブでも推すトップクラスの燕三条系ラーメンを味わうことのできる店が東京、”蒲田”に位置しており、背脂チャッチャを食べたいのであればここをゴリ推しします!!!!!ネイティブが言ってます!

f:id:makoto-endo:20160405144604p:plain

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13022796/dtlphotolst/1/smp2/

 

 

みなさんの知り合いの方で自称ラーメン評論家、オタクな方いらっしゃいませんか?

良い意味で、けっこうあるあるではないでしょうか?

 

そんな方から直々に、燕三条系ラーメン論をきいて、

行くor行かないを決めてみてはいかがでしょうか!?

 

中毒性のあるラーメンを多々知ってますが、その中のひとつであろうと

 

そんなラーメン話で今回はおおくりしました。

では!すぃーゆー!!!