読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Share The World -知の海へ-

大学院生が通説ライフハックに独自の物語を展開するブログ!文体・内容・表現・論理の『一貫性』からの逸脱世界【2016/12/31:詳細プロフィール公開and顔出し予定】しばし文字のみの旅路にお付き合いください。

大学生の考える、比べない生き方-学部卒業式を前日にして-

価値観ハック

今週のお題「卒業」

 

 こんばんはっ!

(今回の記事は日記テイストですが、ぜひお付き合いいただければなと思います!)

 

今日は一歩たりとも家をでていません。ヨーロッパ放浪記の写真の編集やら、『歴史学入門』という文献の読書で、タテとヨコの軸で世界をまたにかけてましたと言い聞かせるほかありませんよね!

 

明日は4年間お世話になった大学の卒業式です・・・!

自分にとって、まだ2年間の猶予である大学院生活も残されているのですが、大きな節目となりそうです・・!

 

というわけでお題にのっとり”卒業式”と”比べない生き方”

両方の観点から、独自論を展開してゆきたいとおもいます!

 

卒業後、友達関係の存続はどうなってゆくのか想像はつきませんが、

皆社会人になってしまうと、関係が希薄化してしまう気がしてならないのです。

 

ましてや、自分は希少な文系大学院生、友達は社会人となると、目にみえてるではないですかっっ!

 

”みんな社会人であるのに、自分はこのままで大丈夫なのだろうか”と

 

近年ちょい流行りの”比べない生き方”に対して真っ向から対立してしまうのです。

 

 

・・・とよくふつうの大学院生は考えがちだそうなのです。

 

が、まこっちゃんはネジが20本近くはずれているということもあり、独自路線、たのしんでいこうとむしろ活力にみなぎっています!

 

”比べない生き方”と一口にいってもムズカシイですよね

(比べない生き方関連の書籍を読んだことが無いので、自論にはツッコミどころ満載かとおもいますが、どうかご勘弁ください)。

 

 

友達や他人など、尊敬できる人の生き方、価値観を”参考”とするまではむしろ歓迎することであるとおもいます、しかし、この”参考”が過度なものとなってしまえば、コンプレックスや嫉妬に起因し、自分自身を卑下してしまい、自己嫌悪に陥ってしまいかねません。

 

私にとって、”比べないで生きる”といったら正確には嘘となってしまいます。

 

大学卒業後、それぞれに、誰がなにをして、それに対してどのような価値観をもっているか、どんな生活を送っているのか、気になって仕方がないのです!!!

 

 

”参考にする生き方”は自分と他人、他人と他人を比べることなしに成り立ちません。

 

う~~む、例えば、”好きなことで生きる”をモットーにしているYoutuberらのそのモットー自体、自身の価値観の形成にかなり参考となりますし、はたまた、ガス、水道、電気、インターネットなどのインフラの会社に勤めている方々からも、”縁の下の力持ち”ならぬ見えないところで、人々の生活を支え、役に立つ存在となる生き方も参考になるのですっ!

 

 

世の中にはいろ~~~んな人たちがいていろ~~~んな生き方があるのだと、それらを比較、参考し、自身に取り入れる、入れない価値観を取捨選択します。

 

最終的に、それらたくさんの人たちより取り入れた価値観を折衷し、真の自己を確立させ、むしろ、”参考にさせる生き方”に落ち着くのが理想となるのかなあぁと思います!

 

(☝所詮まだまだひよっ子な大学生のささやき程度かもしれません笑)

f:id:makoto-endo:20160322214653p:plain

と、いうわけで、明日の卒業式以降も、

皆さんに”非日常”を提供できるよう努めますので、大学院生編のまこっちゃん

どうぞよろしくお願い致します(^▽^)!!!!!!

広告を非表示にする