読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Share The World -知の海へ-

大学院生が通説ライフハックに独自の物語を展開するブログ!文体・内容・表現・論理の『一貫性』からの逸脱世界【2016/12/31:詳細プロフィール公開and顔出し予定】しばし文字のみの旅路にお付き合いください。

スマホ腱鞘炎とその予防、治療方法!スマホ使用時に親指の付け根が痛いというあなたへ!

行動ハック

実は..自分に、ある疑惑が浮上しているのです・・・。

 

それは、スマホ腱鞘炎(けんしょう)wdじえふぇhjrhがws

 

スマホってほんとうに便利です。音楽を聴くときも、友達家族と連絡をとるときも、おいしいレストランをリサーチするときも、道にはぐれた時も、そして、みなさんのブログを読ませてもらう時も。すべて1つのこのポケットティシュサイズの機械でまかなえるのですもの・・!

 

何かをえるためには、何かを差し出さなければいけない、ギブあんどテイク。

つまり、有益な情報との引きかえに親指の付け根を差し出さねばいけないのでしょうか。

 

 

本日は、自分へ、または、これを読んでくださってるスマホ親指に悩む人たちへの処方箋の意をこめて、スマホ腱鞘炎について(ムズカシイ医療用語は無しで)展開してゆきます...!orz

 

~目次~

 

これをお読みで、まこっちゃんと同様な疑いのある方!!以下がチェック方法です!

 

スマホ腱鞘炎のチェック方法

➀親指を”内側に曲げて握りこぶしをつくる

②そのまま、手首を下方向に曲げる

また、

➀疑いのある手でスマホを持つ

②最も離れたスマホの角を、親指を伸ばして触ろうとする

 

 

この際に、違和感、痛みがあれば、スマホ腱鞘炎の疑いがあるかもしれません!

f:id:makoto-endo:20160321202217p:plain

出典:http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/60.html

 

とくに、親指の付け根(手首)の腱鞘炎は別名「ドケルバン病」。

(いかにもやばそうな名前ですが、スマホ腱鞘炎のことですね。)

 

親指の”腱”とは、手の甲を見ながら親指をひらいてゆくと、手首の近くに、太い2本の筋が浮くと思います。それが、あなたの腱であり、自分のスマホいじりにより酷使されているうたがいのある部分になります。

 

スマホ腱鞘炎予防方法と治療方法

パソコンやスポーツにおいても腱鞘炎になりうるのですが、幸い、スマホ腱鞘炎は、その酷使している手が、”片手”であることに注目です!

 

日常的に欠かすことのないスマホ、個人的には、少しの無茶をしてでも安静にしながら、器用に治してゆく根性は必要であると思います笑

 

スマホ腱鞘炎は、なによりも、使いすぎ、酷使しすぎ、パズドラのしすぎ←、これらが原因となって発症しうる炎症になります。

 

➀利き手(普段スマホ使用)を封じ、反対の手で使用ルール

炎症の疑いのある手を休ませるてっとり早い方法でありますよね!(自分は今この段階)。慣れない操作に手こずってしまうかもしれませんが、ギブあんどテイク。犠牲は付き物です。ここで、聞き手の教訓を活かし、スマホ操作時間を少しでもおさえる工夫も必要となってきます。両手ともやられてしまったら元も子もありません!注意です!

 

 

②サポートアイテムを購入

この存在を知りませんでした。このアイテムの開発側はドケルバン病が流行るであろうとすでに予測だてていたのだと考えると、ちょっと不気味ですね笑 レビューやクチコミを見てみる限り、本気に悩むのであれば、購入の価値がありそうです!これを使って電車でスマホをいじっている姿を想像すると恥ずかしいのは、自分だけでしょうか。ご検討ください! 

f:id:makoto-endo:20160321203055p:plain

出典store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

接骨院で診療してもらう

こちらは最悪のケースですが、ここまで悪化する前に、徹底的に安静させ完治させることに徹してください・・!仮に接骨院スマホ腱鞘炎を治療するとなると、手術、もしくは、ステロイド注射をうってもらうこととなるそうです。症状が悪化しすぎて、どうしても耐えられない状態になってしまったら、早急な診療をおすすめします。

 

 

以上3つの方法がスマホ腱鞘炎の予防かつ治療方法でした。

”違和感を感じたら、手を休める”これにつきるとおもいます!

 

現代病の一種ですし、ほとんどの人が使っているスマホだからこそ、スマホがより便利になるにつれて、スマホ使用時間がまし、この症状に悩む人たちも増えていくかもしれませんね。

 

本記事をお読みになった方々のお役に立てると幸いです!!

また、スマホ腱鞘炎予防に特化したバリアフリースマホが登場することを願うばかりです。

 

では、さよーならっ!!!