読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Share The World -知の海へ-

大学院生が通説ライフハックに独自の物語を展開するブログ!文体・内容・表現・論理の『一貫性』からの逸脱世界【2016/12/31:詳細プロフィール公開and顔出し予定】しばし文字のみの旅路にお付き合いください。

一点豪華主義学-何かひとつに抜きん出ることへの考察-

行動ハック

こんにちは!!改めてメリークリスマスです!

個人的に、クリスマスにはしんしんと雪が降り積もる、一面銀世界の冬景色を、暖かい暖炉がきく部屋から眺めながら、大好きなクリスマス料理を囲み、大切な人達と過ごすといういかにもシンプルかつ王道かつ典型的なクリスマスイメージを持っていますまこっちゃんですヽ(´▽`)ノ

 

 

2015年幅広く人間的にに学び得たことの続きとして今回もお送りします!

 

 

唐突ですが、一点豪華主義という言葉をご存知ですか・・???

 

 

2015年に学び得て、(自分の意識の奥底にまで落とし込めたかはわかりませんが)今後の人生の指針となる言葉であるなあと思いましたので、この言葉についてのまこっちゃん論を展開させていただいきたいとおもいます。

 

 

 

まず、辞書的な”一点豪華主義”の意味は、

全体的に質素でありつつ、特定の物事については出費惜しまず豪華さを追究するあり方例えば、洋服はどれも廉価なものであるが靴だけは高級品を着用する、といったさま。

 

 

 

 

と主に、容姿や所持品に対して、その全体のレベルのわりに、1つだけ派手で豪華なものを備えている様を意味します!

 

 

極論を言うと、苦学生が、奨学金をすべて費やして高級腕時計を着用してる様などではないでしょうか(´・ω・`)

 

 

 

しかし、私自身のこの一点豪華主義の解釈はというと、自分自身の能力(体力、学力、洞察力、推理力、コミュニケーション能力、情報発信能力、論理的思考能力、音楽的能力、身体能力、計算能力・・・等々)の一点に秀でていることを意味し、自身はどの領域の能力に秀でているかを分析した後、さらなる努力と時間を費やし、その分野でのスペシャリストとなり得ることです!

 

 

 

f:id:makoto-endo:20151225155840p:plain

 

みんなそれぞれに性格、特性、才能、個性は異なっており、つまり、みんな違ってみんな良いという考えにもとづいているかもしれません。

 

 

他人と比べてしまうと自己肯定感が薄くなったり、妬みやコンプレックスなどやっかいな感情を引き起こしたりするなどともよく言われたりしますよね。

 

 

 

無理に他人と比べるなという論ではありませんが、人がどのような特徴を持ち、どのような人格の持ち主で、どのような能力を元に、どのような人生を築いている(だいぶスケールの大きな話になっていしましました笑)かを、参考にすることには大きな意義があるとではないかと思っています!

 

 

 

そして、そこで気づくことがあると思います。

何かひとつに秀でて、その道のエキスパートになっている人こそ、その分野一筋に生き、その分野の一点に豪華主義であるということなのです。

 

 

 

お笑いの大御所の方たちもお笑い一筋、プロ野球、プロサッカー選手も野球、サッカーに一筋、すきやばし次郎さんも寿司職人として一筋、あのアインシュタインも物理学に一筋、などなど、例をあげたら、枚挙に暇がないのではないかとおもいます。

 

 

 

少々ゆき過ぎた空想の話かもしれないですが、アインシュタインが物理学研究者と同時に、料理人やお笑い芸人をやられていたら、相対性理論を発見できなかったでしょう。(´・ω・`)

 

 

 

スポーツも勉強もあらゆるジャンルに秀でる万能なエリートの方達もいらっしゃる事実も否定できません。

しかし、たくさんのことに着手しすぎてしまってどっちつかずになってしまう人たちも同時にいらっしゃると思うのです(少なくとももしかして私はそうではないかと笑)(´・ω・`)

 

 

2015年に学び得たことは、”一点豪華主義”という言葉から、何かひとつ自分自身で抜きんでるかもしれない才能の可能性に気づき、それを見つけ出し、それ追い求められる努力ができることの大切さです!(もちろん実を結ぶことができたらハッピーエンドです)

 

 

広い世界には色々な人達、色々な考え、色々な出来事が巡り巡っている中で、自分自身を見失わないためにも、自信をもてる何かひとつを見つけ出そう。という考えを広める価値あるものとして得ることができました!

 

 

 

一点豪華主義、それはおそらく個性の発揮の瞬間であり、ますます便利で画一的な世の中となり、個性が埋もれてしまうことへのある種の心の底の警鐘であったりするのかなと、ここまで書いてゆくにあたって、思った瞬間もありましたヽ(;▽;)ノ

 

 

 

年末年始の忙しいシーズンにもかかわらず更新を続けてまいります。

うっとうしいわ!っていう方がいらっしゃいましたら、ご一報くださると幸いです!

それでは、今日もありがとうございました!メリークリスマス!!

広告を非表示にする