Share The World -知の海へ-

通説ライフハックに独自の物語を展開するブログ!文体・内容・表現・論理の『一貫性』からの逸脱世界

大学院生という存在...(゜-゜)

皆さんこんばんわ!(*゚▽゚*)再び、まこっちゃんです!!

本日こちら私の大学の立地する東京港区は心地よい秋晴れが広がっていました!♪

何をするにしてもとても清々しい一日ではなかったでしょうか!

みなさんいかがお過ごしですか~??

 

 

 

 

はい、えーーと。ええ、

私の今日の昼食はと言いますと、フランスパン2本を美味しくいただきました!♪

最近のちょっとしたマイブームなのですが、私フランスパンに最近こってるんです!

なんというか、素朴な小麦の味わいと、小麦粉、塩、水、イーストのみが材料という素材本来の香りや、それぞれパン屋さんの職人の鍛錬された基礎技術を享受でき、はたまた、ん~~~どこか中世ヨーロッパのパンと葡萄の世界観を体現し、その空間を生きているような。。。

 

 

・・・変態チックなフランスパンに対する謎なこだわりはさておき!!笑

 

ほんとーーーうに美味しくて、何も言うことはまず無しなので!お近くの方にお住まいの方もしくはちょっと足を伸ばせる方はぜひぜひ!こちらのお店お尋ねください!!

 

www.maisonlandemaine.com

きっと自分の登場する幕ではないと思うのですが、(もちろん知っている方は知っていますよね!)東京麻布台にあるメゾン・ランドメンヌさんです!!!!!!!!

 

 

すべてはこちらのホームページに記載(場所、開店閉店時間、商品等)されていますし、グルメリポートに関しては、

それこそ、自分のでる幕ではまだないかなと!!ヽ(;▽;)ノ

((今日食べたパンたちの写真を収めてないという論外なあれです))

 

 

 

・・・・・はい! それでは、一応の本題に移らせてもらおうと思います!!

 

 

”大学院生という存在”についてみなさん何をお考えですか??

いやいや、、考える機会なんてそうそうありませんよね!!!!!笑

 

 

現実には、調べてみるとたくさんの意見や情報がでまわっています

 

まずは大学院に関しての基本情報整理から!

 

 

大学院には◎前期博士過程 2年(いわゆるマスター、修士課程)と

     ◎後期博士過程 3年?(いわゆるドクター、博士過程)とがあり

 

 

最近ではリーディングカリキュラムという前期、後期の修士課程と博士過程とが一貫教育のプログラムが設置してある大学院も増えてきているように思えるのですが、

 

 

修士課程を終えてから、就職、留学、博士過程進学といった進路先が

主な大学院生の、俗に言う”社会”までいきたどる道のりだそうです!!!!

 

 

 

では一般に大学院、大学院生はどのような印象を持たれているのかというと、、、

まだまだ自分にリサーチ能力が不足していることは自身でも痛感しています

 

  • 一般的にカリキュラム上理系学部生の進学が正当化(?)されているのが大学院
  • 文系院生にとって就職活動が不利になるのみ(?)の定めになるが大学院
  • 就職活動がうまく振るわなかった学部4年生らへの避難先としての大学院
  • 就活をせず、まだまだ自分の目標、やりたいことが定まらない学部4年へのモラトリアム延長の先としての大学院
  • 本気で本気で、研究職や大学院教授を志す者への登竜門的存在である大学院
  • そこまでじゃないけれど、もうちょっと学部のを勉強続けたい人のための大学院
  • 就職活動を考えている人にとっては、全く学業に専念できない(初年度からインターン等々開始のため)リスクのある存在意義の揺らぐ大学院
  • 1周まわって、あんたはいったいなんなんだよ大学院

 

 

と、ざーーーーーっくり思い当たる節を箇条書させていただきましたけれども、

 

私の結論としては、どのような領域の学問を突き詰めるかにも関係なくして、大学院進学希望者が大学院生活をどのように有意義なものとさせるかは、すべて各々の志とモチベーションと彼らの意思決定に依存するのだな。

大学院時代を生かすも殺すも一研究者としての大学院生次第ですし、さらにそこで磨きをかけた”知”を生かすも殺すもその人次第であると思ったりもするんです。

 

 

ちょっと脳内よぎる学問分野も、、、

文系、理系さらには文学、史学、数学、教育学、心理学、法学、経済学、商学、政治学、社会学、科学、物理学、哲学、神学、宗教学、人口経済学、憲法学、宗教社会学、平和学、栄養学、農学、地学、地理学、国際関係学、文化人類学海洋学言語学、・・・

 

 

実に学問の世界は広がりを見せ、隣接する各々の学問と学問との領域をまた見始めたらきりのないのですが!!なんというますか、、人類の英知という財産です!!!

 

 

 

これら学問の行きたどりつく先は各々の学問によったり、研究者によったり様々だとは思うのですが、それぞれの学問固有の形において、我々人類に還元、フィードバックし、最終的には”人類幸福”へと貢献できうる在り方というのがすべての学問、学者に通ずるのひとつの役割ではないのかな

 

 

 

・・・・・・・と

つくづく、フランスパンを頬張りながら、秋空を見ながら、考えたりもしてました!(´・ω・`)

 

 

まとまりのあったかどうかの回でしたが、今日もお付き合いくださって

ほんとうにありがとうございました!!!ヽ(*´∀`)ノ

要は、ぜひぜひ!!メゾン・ランドメンヌさんへ足を運んでみてくださいね!!!!!

ということです!!!!!

はい、どうも失礼しました!!ヽ(;▽;)ノ

それでは、みなさま良い一日を、また明日~~~♪ 

広告を非表示にする