読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Share The World -知の海へ-

大学院生が通説ライフハックに独自の物語を展開するブログ!文体・内容・表現・論理の『一貫性』からの逸脱世界【2016/12/31:詳細プロフィール公開and顔出し予定】しばし文字のみの旅路にお付き合いください。

今の私編ですヽ(・∀・)ノ

みなさんこんばんわ!!ヽ(´▽`)/

最近秋らしさがますますまし、紅葉がとても美しい季節ですね!!

私はトライアスロンのランニング練習に使う近くの公園の秋模様が大好きで、

気が付くとそこのベンチで肉まんをがっついてるこの頃です♪

 

今日一度投稿し、再度の投稿なんですが、お許し下さい!!!!

慣れないブログ投稿に記憶を途切れさせたらまずいなとよぎったので!

 

 

 

そうですね!前回の続きからになになるのですが、浪人生活を経て晴れて東京の大学生となることになった私ですが、、、、新潟の田んぼに囲まれてるドが付く田舎少年は、大学生になった途端、、あれ、、なにか違う、、、、と都会生活に違和感を覚えたのがまずスタート地点でした。。

 

 

ソフトテニスだけに的を絞って今まで浪人生活までやってきた自分は、興味関心、好奇心おもむくままに新しいこと、やったてみたことがないことに挑戦したいなああと、

ただただただただ漠然とした野望(?)を抱いて舞い降りたわけですが。

 

 

 

うむむむ、、、

まず、”テニス”という響きで、チャラ呼ばれされる現象って一体なんなのですか!??!と

当時の自分は、大学生に問いたかったですヽ(;▽;)ノ

 

 

 

今まで部員皆がひたむきにボール追いかけて、試合の勝ち負けにこだわり続け、勝っても負けても反省を繰り返していた部に所属し、ボールの硬さは違えど、テニスという競技をやってきた身としては、とてもとても悲しかったです。。。。

 

 

 

と、いうわけで、ある程度そこそこにほどほどに自由に気ままにサークル活動をし、

将来に渡って大切と思えるような友達作りと、持ち前のフットワークを活かし、やりたいと直感的に思えることやろう!!と大学生活の過ごし方の指針を定めてゆきました!!

 

 

ましてや普通にサークルに入って~普通にバイトして~普通に飲み会でうえいうえいして~普通に彼女作って~普通に旅行して~普通にゼミで~普通に卒業して~

 

 

などという、いかにもな大学生はちょっと。。。な、、と思っていた私も正直いたりします!笑ヽ(;▽;)ノ

 

 

 

もちろん、勉強も続けていけたらなと思う少し贅沢に変なイレギュラーな大学生だったのだと振り返っても思います!・・・

 

 

 

”大学入学試験までは勉強するけど、入った後は遊ぶだけ”という謎の定説(?)はさておき

やっぱり、大学はそれぞれの専門性を持ち合わせた教授陣が集い、ひとつの学問に出会う空間であり、機会をあたえてくれるところだと私は思います!

 

 

 

就活での”学生時代一番頑張ったことは?”なども少し愚問のように聞こえますね笑

仮に学問をする場であるとするなら、勉強以外にないでしょううう!!!っと笑

勉強が大前提だとしたら言い返すことはできませんが、はいヽ(・∀・)ノ

 

 

 

 

そんな形で半ば強引に今の私のリアルタイム事情である大学院進学が決定したことの事実へ読者様を引きずろうとしているのが見え見えですね、すみません(;▽;)

 

 

また少しずつ徐々にですが、大学生活についても触れていくので

どうかご期待ください!!♪

 

そんな夜な夜なのちょっとしたぼやきのような回でした!!

まだまだ、まとまりの薄い文章で読者の皆様には骨を折らせてもうしわけないですが、

少しづつ、内容、ブログの方向性は定めてゆきたいので、もうしばらくお付き合いくださいヽ(;▽;)ノ

 

それではそれでは、寒くなってきた夜ですので体調にはお気をつけください♪

おやすみなさい~☆彡

 

 

※PS:番外編 私の学部、大学院にかけての専門分野のおはなしになります

文章はさらにややなんだこれ、という状態になるかもしれませんがご興味をお持ちの方でしたらぜひ読んでもらえると幸いです。

 

 

私は本大学の東洋史学専攻において中東、イスラームについての都市史、交流史などの歴史からイスラーム原理主義者らなどに起因する現代諸問題を専門の学問として励んでいる所存です。

そこで、私の関心は、現代ヨーロッパ諸国におけるホスト国民らとイスラーム教徒移民らとの間に生じうる(現に生じている議論ももちろん)文化的、政治的、宗教的軋轢の問題であり、その問題にまつわるあらゆる知見を深めつつ、将来に渡る日本社会の移民問題が議論の俎上にあげられる際に、教訓や示唆を大いに得られるのではないかとの期待と責任を持ちあわせながら研究活動を行っています。

もちろん、シリア、イラクアフガニスタンから戦乱を免れ難民としてトルコ、ギリシャを経由し、東ヨーロッパさらにはドイツ、イギリスなどへ多数の中東地域の方々が渡っているニュースは近頃メディアの注目となっていますが、最近になってはじまったことではないというのも事実です。

世界大戦後に欧州諸国の労働力としてや、出稼ぎや、旧植民地関連などの事情により多くのイスラーム教徒移民らはすでに渡り、生活しているのも事実です。

 

”異文化共生”や”多文化主義”など一口に収まる議論ではありませんが、

何か微力ながらでも、文化、宗教、言語、肌の色、価値観が異なる人々の間の

平和的共生に将来的に貢献することができたらなというのが切なる私の願いです。

 

一応、上記に触れさせてもらった内容が今後にわたって私の研究活動の焦点となってゆくであろうお話でした!!!まだまだごくごく一部分ではあるのですが、ちょっとでも

読者様と共感の接点をあわせられるところがあったらなとおもいます!!

 

長々と番外編に渡りお付き合いいただきどうもありがとうございました!

それでは、夜も更けてきましたのでおやすみなさい☆彡さようなら~!!

広告を非表示にする